スポンサードリンク

幼児の英会話教室

幼児の英会話教室

この時期は、とにかく身体を動かすのが大好きな時期であります。歌や踊りはもちろん、カードゲームやロールプレイゲームを取り入れているので、子どもたちはレッスンに夢中になってくれます。そして、遊んでいるうち、いつのまにか英語が大好きな子供になっています。

幼児期ならではの、優れた聴覚で英語の音を聞き分け、そのまま真似をすることができる能力を持っている時期です。

また、この時期は吸収力にも長けているので、音で遊ぶ教材や、動きのある絵本やカードなどを使い、どんどん良質な英語をインプットしてあげましょう。

英会話レッスンでは、カードや小道具を使ってモノを組み立てたり、工作感覚で英語に親しめるアクティビティを使用します。少々長めだと思うレッスンでも、楽しみながらできるバラエティに富んだメニューが組み込まれているので、飽きっぽい集中力の続かない子供でも、飽きることがありません。

言葉の爆発時期を迎えて、英語の吸収力が最もめざましい幼児期です。だんだん自己主張が出て、お友達とやってみるという協調性も出てきます。

五感を使って、英会話に対する幼児の興味を最大限に引き出してあげることで、自然に英語を習得していきます。

また、英語の伝統的な歌などを歌ったり、踊ったりすることで、英語のリズムやイントネーションを身につけていきます。英語の歌を楽しく口ずさんでいるうちに、自然に英語の世界に入っていくことができると思います。

そして、理解力が高くなり、ペンを持つことができるようになれば、アルファベットを実際に書いてみることが始まります。

やはりとりあえず基礎というものは大切です。歌などを通じて、文字と音との関連性をしっかりと身につけていきます。基本的な音を認識し、大文字が読めるようになるのが目標です。

英語独特の音を正しく聞き取り、この子供の幼児期が、最も自然に正確な音を出すことができます。そこで、音を使った学習方法を使用し、聴覚の完成期に向けて、集中的にリスニング能力をトレーニングしていきます。
posted by 幼児英会話 at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児の英会話教室

幼児英会話、幼児からの英会話

幼児の英会話

大人になると難しくなる英語の発音を聞き分ける事は、赤ちゃんなどの幼児は自然に受け入れることができます。

日本語と英語の区別がないこの時期に、良質な英語をたくさんインプットすろことで、英語をたくさん溜めて、後からあふれ出てくるようになります。

また、当然のことですが、赤ちゃんのような幼児に英会話を学んでもらうには、家族の協力は絶対に欠かせません。特に、一緒にいることのできるお母さんの協力は必須ですね。

一緒に英会話を学ぶ気持ちで、赤ちゃんに英会話を楽しく教えてあげましょう。

歌に合わせてお母さんが身体を揺らしたり、カードや絵本を使ってモノの形から単語を覚えていったりします。良質の英語を繰り返し聞くことで、楽しくエクササイズをしながら英語を学ぶ環境を徐々に作っていきます。

赤ちゃんは、お母さんと離れることに不安を感じる時期なので、レッスンはお母さんと一緒になって行うことが大切です。

赤ちゃんとスキンシップをとりながら、英語の感性を育てていきます。そして、家に帰ったら、お母さんが先生役になって、一緒にエクササイズをしましょう。

赤ちゃんという時期は、感覚的なことを得意とする右脳が活発に働いています。この時期の右脳をフルに活用させられるよう、英語を音として捉えたり、歌やリズム、運動を通して、英語の音を吸収できるように導いていきます。

赤ちゃんが興味をひくカラフルな色合いや、かわいらしいイラストが満載なシールやパズル、絵本などを使い、楽しみながら英語の世界に触れることができます。

右脳がもっとも発達し、言葉をどんどん吸収するこの時期に、良質な英語にたくさん触れる事で、その後の上達にとって、とても大切になってきます。

また、アクティビティを併用することにより、英語を感覚的に理解できるようになります。
posted by 幼児英会話 at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児英会話、幼児からの英会話

子供英会話、子供からの英会話

子供の英会話

もし子供に英会話をと思うのでしたら、子供時代を逃してはいけないと思います。もちろんある程度大人になってからでも英会話を習得する事はできます。

ですが、この子供の時代にしかない備わらない能力というものがあります。それは、吸収力、好奇心、柔軟性で、脳の柔軟さによるものです。この力は、境界期と言われる9歳から10歳でその柔軟さは失われていきます。

子供特有の、自然に抵抗なく身につける能力。この力が言語の習得にはとても大切なのです。そして、英語は今や世界の共通語として欠かせないものであり、進学時にも就職時にも大きく関わる大切な科目です。

しっかり理解し話せる、的確に英語を使いこなせる英会話力が求められています。子供の将来のために、今こそ考えたいところですね。

どこの英会話教室も、児童英語教育の先駆者として、子供の発達にあわせた、効果的で楽しいオリジナルレッスンを提供します。

日本人講師からは、日本人がつまづきやすいポイントを学ぶ事ができますし、外国人講師からは、自然な英語表現や文化などをおさえて上達や目標にあわせて学習することができます。

子供の人間形成の大切な時期に、一人一人の個性を理解し、個々のレベルに対応したレッスンが組めるように、定員を5〜10名までとしているところがほとんどです。

子供の英会話のテキストは、子供の日常生活を通して、自然な英語を学べるように構成されています。また、その子供の年齢や成長に合わせて、聴く、話す、読む、書くの4技能が自然に習得できるようになっています。

子供が持つそれぞれの才能を引き出せるように年間を通したカリキュラムを組んでいます。

子供に英会話を学ばせるのは、もちろん早いにこしたことはありませんね。
posted by 幼児英会話 at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供英会話、子供からの英会話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。